WELLDENNS FRONTIER

RECRUITING SITE 採用情報
TOP > RECRUIT > キャリアパス

キャリアパス

キャリアパス

キャリアパス
事業の成長に合わせて、
個人の成長も、
スピーディです。

「ジョイフィット」「ジョイフィット24」「ジョイフィットヨガ」など
複数のブランドを展開するフィットネス事業、
「ジョイリハ」を展開する介護事業。それぞれの事業でもっとも大切なことが現場である店舗。
同時に、成長著しい両事業では、エリア統括のようなマネジメント能力を持った人材や、戦略立案といったマーケティング領域に従事する人材を育成することも急務です。
ウェルネスフロンティアでは、各社員の能力や希望をふまえ、キャリアを積み重ねていける体制を築いています。キャリアのバリエーションが豊富であることや、ステップアップのスピードが早いことが、当社の特長です。

JOY FIT CAREER PATH 01

店舗の中でも、店舗の外でも、
いかに地域と密着できるかを考えています。

本田美月入社2年目

店舗の中でも、店舗の外でも、
いかに地域と密着できるかを考えています。

2014年 入社
インストラクター
<ジョイフィット旭川>

大学で健康科学を専攻していて、人にスポーツを教えることが好きでもあったため、ジョイフィットを就職先に。若手社員でも役職につけることも大きな魅力でした。分からないことばかりでしたが、先輩スタッフに色々と教わりながら、会員様への運動指導、掲示物の作成などを担当。印象深いのは、会社行事の「富士山登山」。普段、一緒に働いていない先輩や同僚ともお話ができ、貴重な体験になりました。

2015年
クラブチーフ
<ジョイフィット札幌西岡>

レッスンのプログラム作成、新規会員獲得のためのチラシ作成、さらには店舗運営の数値把握など、任される仕事の幅が広がりました。利用率をあげるために考案した「朝活」は、今では全店舗でも実施されています。朝早くから営業していることも、ジョイフィットの売り。利用も増え、手ごたえを感じましたね。

2015年
クラブマネージャー
<ジョイフィット札幌川沿>

店舗責任者として、お金・人の管理も任されています。この立場になって改めて、備品購入なども大きな経費なのだと気付かされました。また、責任者ではあっても、まだまだ入社2年目。知識も経験も乏しく、アルバイトスタッフの皆は年上ばかり。上からの発言をせず、一歩引いて色々なお願いをするように注意しています。スタッフあっての店舗運営。働く側の環境づくりにも力を入れています。今、私が挑戦しているのは、店舗をさらに地域密着型にしていくこと。周辺の除雪、ゴミ拾いをはじめ、自衛隊や企業とのコラボレーションも推進しています。今後は、地域の学校や病院に出向き、スポーツや健康維持の理解を広めていきたいと思っています。

就職・転職活動中の皆さんへ

社会で働くということは、それまで積み重ねてきた成功や失敗を、生かすということです。ジョイフィットという職場で働くスタッフは、多くが運動経験者。「やる時は集中」「仕事が終わったらほどける」、オンとオフのメリハリがあります。店舗ではアルバイトも社員も関係なく、皆が意見を出し合いながら、イベントや通常業務を行っています。スタッフのカラーがそのまま店舗のカラーに反映されるところも、面白いところだと思います。

JOY FIT CAREER PATH 02

すべてのベースは、人と人の信頼関係。
入社11年、つねに新しいことへの挑戦です。

田村翔一入社11年目

すべてのベースは、人と人の信頼関係。
入社11年、つねに新しいことへの挑戦です。

2006年 入社
インストラクター
<ジョイフィット帯広西>

ウェルネスフロンティアの母体であるオカモトグループは、北海道の帯広が本拠地です。多事業を展開していて、北海道ではけっこう高い知名度があります。私は帯広のすぐそばで育ったのですが、幼少期からサッカーをしていたこともあり、働くならスポーツに携わる仕事がしたいと思っていました。そこで、「ジョイフィット帯広西」に応募したのがはじまりです。

2009年
チーフインストラクター
<ジョイフィットBIO>

2011年
サブマネージャー
<ジョイフィット旭川>

首都圏のスポーツクラブと比べると、地方ではより幅広い層の方から利用されています。「ジョイフィット旭川」には高齢者の方も多くいらしていたので、対応の柔軟さや多様さがなければ務まりません。そこで身に染みたのは「健康寿命」を重視することの大切さ。運動機能だけでなく、心も一緒に元気になれる場所をつくりたい、と奮闘していました。

2012年
クラブマネージャー
<ジョイフィット札幌北>

2013年
クラブマネージャー
<ジョイフィット新所沢>

九州地区スーパーバイザー
加盟店運営指導

北海道から関東地方へ転勤。マネージャーとして店舗を経営しながら、フランチャイズ加盟店の運営支援、指導も行うようになりました。直営店であれ加盟店であれ、「ジョイフィット」と名がつく以上、提供するものは一定以上の質を保たなければなりません。期待以上のサービス、価格以上の価値を創造すること。そして、それを実践していくことは大変なことですが、自宅、職場に続く、会員様の快適なサードプレイスとなるよう、チームワークを磨く努力を重ねました。

2015年
クラブマネージャー
<ジョイフィット京王堀之内>

九州地区スーパーバイザー
東日本エリアマネージャー
加盟店運営指導
店舗開発

都内初となる「ジョイフィット」の出店に、開発担当として抜擢され、オープンから1年間は自らクラブマネージャーとして働きました。運営は好調で、当初の目標もクリア。開発から携わっただけに、達成感は抜群でした。現在は東日本にある「ジョイフィット」3店舗を管轄するエリアマネージャー、九州地区の加盟店に対するスーパーバイザーなど、複数の業務を任されています。会員様の満足向上は当然のこととして、スタッフが働きやすい環境をつくるのも私の役目。人と人のつながり、信頼関係がすべての基礎になると思っています。

就職・転職活動中の皆さんへ

ウェルネスフロンティアは、人のつながりをとても大切にしています。よく見て、よく褒めて、よく叱ってくれる「熱い集合体」のような組織です。これほどまでに責任あることを任せてもらえ、そして職位につかせてくれる会社はなかなかないのではないでしょうか。モチベーションの高い環境なので、チャレンジ精神のある方には向いていると思います。会社自体がどんどん成長している最中なので、毎日が刺激的です。

ジョイリハ CAREER PATH 03

ご利用者様、そしてその家族。
笑顔の連鎖が、日々の仕事の励みです。

渡邊拓朗入社6年目

ご利用者様、そしてその家族。
笑顔の連鎖が、日々の仕事の励みです。

2011年 入社
インストラクター
<ジョイリハ北綾瀬>
<ジョイリハ中広>

思い切って飛び込んだ介護業界。さっそく集団プログラム、体力測定、電話対応などさまざまな業務を任されました。定期的にご利用者様のご家庭を訪問することもあり、短時間デイサービスを利用されるご本人だけでなく、そのご家族をも笑顔に変えてゆくことができる仕事なのだと実感しました。「元気」が拡がっていくことが日々の励みでした。

2012年
マネージャー
<ジョイリハ大橋>

少しずつ、店舗管理も任されるようになりました。ご利用者様と触れ合う時間のほか、体操教室の講師として地域の施設に出向くことも。ジョイリハに通う方にとって「元気」とは、元の状態に戻ること、落ち着けること、安心できることだと思います。人によってポイントは違いますが、「元気が出た」と言われるともちろん嬉しいものです。ご利用者様の方も、自分も、本当の自分が表現できる環境づくりが大切なのだと考えるようになりました。

2014年
マネージャー
<ジョイリハ葛西>

この頃、印象に残っているのは、若い方が通所されていたことです。事故に遭い、身体が思うように動かない中、精神的にも塞ぎ込みがちでした。助けられたのは、ほかのご利用者様のやさしさでした。年齢も境遇も違うのに、若いご利用者様に、毎回声をかけ続けてくださったんですね。会話も増え、リハビリにも積極的になり、若い方は卒業されたのですが、数ヶ月後に社会復帰をした報告に来てくださいました。すっかり元気になったその方の「ジョイリハの先生方、利用者の皆さんのおかげです」という言葉は忘れられません。

2015年
採用担当マネージャー
<ジョイリハ本部>

店舗業務を離れ、現在は本部にて新卒・中途・パートの採用活動を行っています。心がけているのは、面接時に相手がリラックスできる空気をつくること。自分も経験したことでもあるため、できる限り、平常心でお話いただけるよう努めています。面接はその人らしさを理解するには、どうしても時間が足りません。短時間の間に、どれだけ相手の良さを引き出せるかが鍵。介護事業は、まさに人が財産なので、責任も重大です。

就職・転職活動中の皆さんへ

知識や経験があることと、「明るさ」「元気」を持って仕事ができることとは別のものです。それは、人の役に立ちたい、いろんなことに挑戦したい、自分を変えたい、という本人の気持ちに大きく左右されます。すべての仕事に当てはまりますが、あらゆることが需要と供給の関係です。ご利用者様が何を求めているのか、それに応えるには何が必要か、考え抜くことは大変な労力ですが、それは大きな手応えにもなるはず。考え、感じる力のある人には、ぜひお会いしたいですね。

ジョイリハ CAREER PATH 04

地域を笑顔にできる作業療法士。
立場が変わっても、その想いは変わらない。

今井悠人入社11年目

地域を笑顔にできる作業療法士。
立場が変わっても、その想いは変わらない。

2008年 入社
チーフインストラクター
<ジョイリハ北綾瀬>

以前は、作業療法士として病院で働いていたのですが、地域に笑顔を拡げていくデイサービスに関心を持ち、ジョイリハに転職しました。ウェルネスフロンティアの親会社であるオカモトグループでは「For your Smile Life」という理念を掲げていたのですが、その考え方にも共感できました。その当時は、ちょうど介護予防に注目が集まりはじめた頃で、機能訓練専門デイサービスはまだまだ新しい業態でした。そこに乗り出す先見の明、時流を見極める嗅覚がオカモトグループにはあったのだと思います。

2008年
マネージャー
<ジョイリハ北綾瀬>

店舗の責任者という立場になり、ご利用者様に元気になっていただく工夫をする一方で、売り上げや経常利益についても考えなければならなくなりました。当然、自分ひとりでは目標は達成できません。スタッフ全員と一致団結し、月間ご利用者様数200名を達成した時には、それまでにない充実感を味わいました。この時の体験が、今の私の仕事の礎になっている気がします。

2011年
関東直営店舗統括
エリアマネージャー

本部に配属され、現場から離れることになりました。ご利用者様と接する時間がとても好きだったので、そういう機会が減ってしまうことにはツラいものもありましたが、本部でしかできないこともあるのだと考えました。店舗であれば200名だけれど、より広い視野に立って、1万人の人々を笑顔にすることができる。さらには、それぞれの地域をも巻き込んでいくことができる。現場で働いてくれている仲間とは同じ想いを共有していましたので、そこをいかにサポートするべきか考えるようになりました。

全国直営店統括
シニアマネージャー
研修・エビデンス部門

より多くの方の身体機能・精神機能を向上させるために何が必要か。より多くの方を笑顔にするためにどうすべきか。作業療法士としての知識や経験を活かして、研修担当などを担うようになりました。また、現場で得られたデータをもとにエビデンスとしてまとめ、学会発表する業務も担当。業務や立場が変わっても、つねに「地域を笑顔にできる作業療法士」こそが自分の目指す姿ですね。

2013年
ゼネラルマネージャー
開発・研修・エビデンス部門

ジョイフィットカンパニーだけでなく、会社全体の業績にも責任を持つポジションに。また、各店舗でご利用者様に提供しているプログラムの開発、見直しなども行いました。

2015年
ゼネラルマネージャー
開発・研修・エビデンス・
採用部門

そしてついに、新卒・中途の採用も担当業務に。任される領域は増えるばかりで、少しも減りません(笑)。採用の仕事は、まさに一期一会。仲間を探す仕事ですので、面接を終え、入社まで漕ぎ着けることができると、毎回「一緒に頑張りましょうね!」という気持ちになります。ウェルネスフロンティアの社風は、「何事にも全力、一生懸命」です。だから感じられる、本当の嬉しさや本当の悔しさがある。そんな充実感を、ぜひ多くの方にも実感していただきたいと思っています。

就職・転職活動中の皆さんへ

ウェルネスフロンティアは、オカモトグループの中核を担う、重要なポジションにいます。同時に、コングロマリット経営であるオカモトグループのノウハウを、経営に活かすことができる、恵まれた環境にも置かれています。色々なことに前向きにチャレンジしたい方は、私たちオカモトグループにすごく合っていると思います。1人でも多くの方と出会えることを楽しみにしています。

リクルートページTOP