WELLDENNS FRONTIER

RECRUITING SITE 採用情報

周りに、「ひとりじゃない」って教わった。
私も、「ひとりじゃない」って伝えたい。

ジョイフィット京王堀之内 インストラクター
小川 奈津美 新卒入社(2015年)

周りに、「ひとりじゃない」って教わった。
私も、「ひとりじゃない」って伝えたい。

ジョイフィット京王堀之内 インストラクター
小川 奈津美 新卒入社(2015年)

隣に誰かがいるから、湧き出てくる「元気」がある。

顧客対応、業者対応、請求業務、シフト作成、レッスン…。スポーツクラブの仕事がこれほどまで多岐に渡るのだと、小川は働くようになってはじめて知った。正直に言えば、辛かった。続けていけるのか、不安にもなった。そんな時だ。上司から「しっかり周りが見えていて、分析もできている。ありがとう」と言われた。「店舗経営のための資料に、会員様の声や自分の想いを添えたんです。自分にはそんな伝え方しかできなかったから」。その葛藤を、その努力を、上司は見ていたのだろう。何故だか小川は「大丈夫だよ」と言われた気がした。
健康を提供すること。それがスポーツクラブの意義だ。そのために、小川はいつでも笑顔を絶やさないように意識してきた。明るい表情から、明るい気持ちは生まれる。だが、社会に出れば大変な日だってある。そしてそれは、ジョイフィットを利用している人々も同じなのだ。「私は先輩や上司に助けられながら、毎日前向きに仕事をしています。会員様もそう。『元気』はひとりで自然に湧き出てきたりはしません。隣でサポートする人がいるから、日々を乗り越える『元気』が維持できるんですよね」。

食事、睡眠、そして運動。ライフスタイルに寄り添う仕事だと思う。

周りが見えるようになって、小川は素直に助けを求めることができるようになった。ひとりで多くを抱え込まないようになった。「ジョイフィットは、スタッフ同士の関わりがとても深い職場です。誰のことも見捨てない、サポートし合う風土なんです」。インストラクターとしての小川はいま、会員様にも「ひとりじゃない」ことを伝えたいと思いながら働いている。腰痛が治った、体重が減った、という会員様からの声。それを聞いて、自分が会員様の人生の一部分に、役立っているのだと実感することができる。
小川は語る。「健康に生きるためには、食事や睡眠と同じように、運動も大切です。目の前の方のライフスタイルや価値観に寄り添いサポートすることが、一番重要なのだと思います」。体調を崩さず、心を疲れさせず、それぞれの日々の中にある問題や課題を、乗り越えてゆくために運動をする。ひとりじゃないからこそ、「元気」は手に入れることができる。

私は変われた。だから、誰かを変える人材になりたい。

日々、レッスンを担当しながら、小川はいつの日か採用業務にも携わりたいと考えている。人見知りだった自分が、会員様や、スタッフから、元気をもらうことで変わってきたこと。人と話すことが大好きになったこと。その喜びを、学生にも伝えたいのだという。「ウェルネスフロンティアは、自分の持ち味を発揮できる環境だと思います。私も、後輩の長所を引き上げていける人材になりたいんです」。

経歴

2015年 4月
新卒で入社
ジョイフィット京王堀之内に配属
インストラクターとして勤務

就職・転職活動中の皆さんへ

学生の皆さんにお伝えしたいのは、ウェルネスフロンティアには無限の可能性が広がっているということです。会社そのものも、ここで働く社員もそうです。1年前、就職活動をしていた自分を思い出すと、人に惹かれて私はこの会社への入社を決めました。まずは面接を受けて、その魅力を直接確認してみてほしいです。

社員紹介TOPはコチラ 次の社員へ